オープン棚をDIY!カルトナージュでキレイに時短

収納・DIY

カルトナージュの作業スペースがごちゃごちゃしてきたので、棚を作りました。

作り付けのようなオープン棚を短時間で作る方法

 

BEFOREの写真がなくてごめんなさい、せっかちなもので・・・

思い立ったらすぐにはじめてしまうタチなんです~

テーブルの上に置いてあったものがのせられて、作業スペースが広くなりました(≧▽≦)

特別な道具は使いません

使った道具はこちら。

 

カッターマット、カッター、木工用ボンド、はさみ、マスキングテープ、スポンジ、筆、定規、電動ドリル。

白い四角い石鹸のようなものは、【パヴェ】といって、布などを密着させる時に使います。なければバラン、手、タオルなどで代用できます。

カットした板に壁紙を貼ります

コスト、使い勝手を考えて、棚板は斜め。ホームセンターでは斜めのカットはやってくれないので、断面がガタガタになってしまいます。危ないし見た目もイマイチ。

ヤスリをかけてもキレイにならないので、壁紙を貼っていきましょう!ペンキを塗るよりずっと時短で、部屋も汚しません。

角の処理はカルトナージュの技法で美しく

100均一で購入した筆(多用途用、ナイロン30mm)を使い、木工用ボンドを表面に均一に塗り広げます。

壁紙はボンドが染み出ることがないので、多めでも大丈夫。塗り残しがないように。また、乾き始める前に貼れるように手早く。

角はカルトナージュの要領で処理。裏は見えないけど、ついこだわっちゃいます。45度の角度で合わせたい!

赤い線のところでカットしましょう。

浮いてきてしまうところは乾くまでマスキングテープで止めましょう。

 

あっという間に一枚完成

板のBefore After。2枚貼って、所要時間は約30分。三角形の切りくずが落ちているくらいで、部屋も手もほとんど汚れません。新聞紙などを敷くこともなく、床の上で直接作業できます。

あとは夫に頼んで棚板を設置してもらえば完成!

ペンキよりオススメ

ペンキと比べて準備も後片付けも簡単。失敗の心配もなく、誰でも簡単に作り付けのようなキレイな棚が簡単にできました。

是非ためしてみてくださいね。

コメント